/

この記事は会員限定です

「顔認証で出所者検知」JR東日本が撤回 駅カメラ巡り

(更新) [有料会員限定]

JR東日本が7月から、首都圏の一部の駅に設置した顔認証付きの防犯カメラで、重大犯罪で服役した出所者や仮出所者を検知する仕組みを導入していたことが分かった。同社は21日、「顔認証技術を巡っての明確なルールや社会的合意が不足している」として方針を撤回した。同日までに対象者はいなかったという。

テロ対策としての運用を想定し、痴漢や窃盗などは対象外だったとしている。カメラが検知した場合、警備員が目視した上で声かけや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン