/

この記事は会員限定です

日立と神戸大学、AIで要介護リスク予測

[有料会員限定]

日立製作所と神戸大学は21日、人工知能(AI)を使って高齢者の要介護リスクを予測する共同研究を始めると発表した。65歳以上の神戸市民38万人のデータを匿名化したうえで、日立が開発した判断の根拠を説明できるAIに学習させる。医療・介護政策のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する。

神戸市は65歳以上の市民38万人の医療や介護、健康診断の情報を集約したデータベースを整備して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン