/

この記事は会員限定です

東芝、消えそうにない買収の「火種」

M&Aエディター 奥貴史

[有料会員限定]

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズによる東芝への買収提案はひとまず収束する方向となった。東芝の経営陣は買収の議論からは一旦距離を置き、通常の経営に戻りたい考えだ。しかしCVCが付けた買収の「火種」は、簡単には消えそうにない。

21日の東芝株は前日比145円(3.3%)安の4205円で取引を終えた。初期的な買収提案として1株5000円を提示していたCVCが「検討を中断する」という書簡を東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン