/

この記事は会員限定です

JAL、5月の国内線を追加減便 運航率71→66%に

(更新) [有料会員限定]

日本航空(JAL)は21日、5月に国内線を追加減便すると発表した。羽田空港や伊丹空港、那覇空港などを発着する54路線で、1298便(1日あたり42便)を追加で減便する。5月の運航率は66%と前回発表(71%)から5㌽低下する。新型コロナウイルスの感染拡大による需要減を反映し、ゴールデンウイーク(GW)期間も減便を増やす。

5月に減便対象となるのは羽田空港と伊丹空港を往復する126便や、羽田空港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン