/

ソニー、スピーカー4体から立体音響のホームシアター

ソニーは21日、新たな立体音響技術を盛り込んだホームシアターシステム「HT-A9」を8月7日に発売すると発表した。スピーカー4体を周囲に配置し、室内環境に応じて音を出す方向やタイミングを変えることで、前後左右や頭上からも音が聞こえる。比較的手間をかけず、映画館やライブ会場のような本格的な音響を楽しめる。推定価格は22万円。

独自開発した立体音響技術「360スペーシャル・サウンド・マッピング」を搭載した。高さ31センチの円柱形の各スピーカーには、水平方向に加えて天井に向けて音を出すスピーカーが組み込まれている。制御用のコントロールボックスも含め、全てワイヤレスで通信できる。

スピーカーはテレビの左右と視聴者の後ろ側に設置して使う。マイク機能を使って壁や天井との距離や、スピーカー同士の位置関係を自動的に把握できる。これらの位置情報に基づいて音を出し分けることで、天井側も含めて最大12カ所の「仮想スピーカー」から音が出るよう音波が合成される。

本格的なホームシアターシステムを導入する場合、大型のスピーカーを複数設置して音の出方などを細かく設定する必要がある。新製品はコードなしで4体を好みの場所に設置できるため、一般家庭のリビングでも比較的手軽に立体的な音響を楽しめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン