/

ニトリ、13万件の個人情報流出か 不正アクセス被害で

ニトリホールディングス(HD)は20日、アプリの会員情報の認証システムが不正アクセスを受け、約13万2000アカウント分の個人情報が流出した可能性があると発表した。対象者には個別に連絡し、パスワードを再設定してもらったという。

流出した可能性があるのは、アプリや電子商取引(EC)サイトなどで会員登録をした利用者の氏名や住所、生年月日のほか、クレジットカードの番号の一部など。15日から不正アクセスを受けていたことが、19日に発覚した。

ニトリHDは別のサイトから漏れたパスワードとIDを用いる「リスト型攻撃」によって個人情報が漏洩した可能性があるとみている。「新規の不正ログイン防止のため、セキュリティーを強化する」(ニトリHD)という。

ビジネスセクション

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません