/

この記事は会員限定です

メルクのコロナ薬、6月までに160万人分供給

[有料会員限定]

米製薬大手メルク日本法人のMSDは、飲み薬タイプの新型コロナウイルス感染症薬「ラゲブリオ」について、6月中旬までに160万人分を供給する。当初の予定よりも約4カ月の前倒しとなる。

MSDが21日開いた業績説明会で明らかにした。ラゲブリオは21年12月に承認された。3月末までに80万人分を納入し、これまでに約15万人に使われてきた。

ラゲブリオの包装工程は国内で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン