/

この記事は会員限定です

デジタル時代の経営占う「無形資産」 欧米勢で比率高く

M&AやDX加速

[有料会員限定]

デジタル経済が拡大し、ソフトウエアやM&A(合併・買収)で生じる「のれん」などの無形資産が企業の経営を左右する時代になった。資産全体に占める無形資産の比率をみると、欧米では買収でデジタルトランスフォーメーション(DX)などを進める企業が目立つ。のれんは巨額の損失をもたらす場合があり、もろ刃の剣でもある。

日本経済新聞が日米欧の主要企業約1200社(金融除く)の直近の本決算で、総資産における無形固定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Bizランキング

「Bizランキング」はビジネスの潮流を、市場や企業財務などのデータに基づき、ランキングで紹介するコラムです。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン