/

この記事は会員限定です

米マイクロン、半導体投資で「日本政府と協議」

(更新) [有料会員限定]

米半導体大手マイクロン・テクノロジーは21日、工場増強などの投資について日本をはじめとした各国政府などと協議をしていると明らかにした。今後10年で工場や研究開発に1500億ドル(約17兆円)を投じる計画を掲げており、米国のほか日本や台湾、シンガポールなどが投資先の候補となる。各政府との協議を通じ、競争を優位に進めるための支援や条件を引き出す狙いがあるようだ。

マイクロンのエグゼクティブ・バイスプレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン