/

ヤマト、貨物専用航空機を導入 24年4月から 

ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)は21日、首都圏から北海道や九州などへの長距離輸送に専用の航空機を導入すると発表した。日本航空(JAL)グループに運航を委託する。トラック運転手の時間外労働を減らす法律が適用される「2024年問題」に対応するほか、災害時に道路が寸断された場合のリスクを想定し、大量の荷物を短時間で運べる航空機の導入を決めた。

導入するのは欧州エアバスのA321ceoP2F型3機。旅客機を貨物専用機に改修した機体をリースで利用する。最大積載量は28㌧で10㌧トラック5~6台分の荷物を輸送できる。導入機体はJALグループの格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)に運航を委託する。

24年4月から首都圏から北海道と九州、沖縄の各地へ運航を開始する。従来は大量の荷物を大型トラックで長距離輸送し、現地で小型トラックなどに荷物を分けて配送していた。政府は19年に施行した働き方改革関連法を24年4月から運送業などにも適用し、ドライバーの時間外労働の上限を月平均80時間に定める。1人当たりの労働時間が減るため、運送量を維持するには多くのドライバーを確保する必要がある。ヤマトは航空機の導入で安定した輸送力を維持する考えだ。

JALグループが貨物専用機を運航するのは経営破綻した10年以来。ジェットスター・ジャパンはエアバスの小型機「A320」を運航しており、パイロットはA321型機のライセンスが取得しやすい。LCCの多頻度運航のビジネスモデルを生かして可能な限り収益を大きくする狙いもある。

JALは収入の変動が大きい貨物専用機を自社で導入することには消極的だが、運航受託という形を取ることでリスクを抑えつつ旺盛な貨物輸送の需要を取り込む。

就航空港がある北九州市の北橋健治市長は21日記者会見し、「北九州空港の活用が福岡県や九州全体の農業や製造業の発展につながる」と期待を寄せた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン