/

この記事は会員限定です

三菱電機、MaaS向け自動運転車の無人化に挑む

[有料会員限定]

三菱電機は、次世代移動サービス「MaaS(マース)」向け自動運転車両の運行管理システムを開発した。車両の運行ダイヤや走行ルートを、利用者の乗車申し込み状況に応じてリアルタイムで柔軟に変更できるのが特徴である。車両にスタッフが乗らなくても済む「無人化」技術を確立するのが最終的な目標だ。

MaaS向け自動運転車両の運行には、多くの人手がかかる。例えば、同車両には「運転者」や「保安員」が乗る必要がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン