/

スバル、レヴォーグなど27万台リコール 海外向け波及も

(更新)

SUBARU(スバル)は21日、パーキングブレーキ部品や後退灯(バックランプ)に不具合があったとして、「レヴォーグ」など主力5車種で計27万224台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。海外向けの車種でも計約33万台に同じ不具合があり、世界で約60万台規模のリコールになる可能性がある。今期(2023年3月期)の業績には「大きな影響はない」(スバル)と説明する。

主力5車種は「レヴォーグ」「インプレッサ」「XV」「WRX」「レガシィ」。国内のリコール対象になったのは14年5月13日から18年8月20日に生産した5車種のうち計24万7383台で、ブレーキ部品に不具合の可能性がある。WRXについては14年6月11日から20年3月25日に生産した車両のうち2万2841台で後退灯の不具合の可能性がある。

17~18年に検査不正や品質問題が相次いで発覚したスバルだが、今回のリコール対象車両は同時期に生産した車両となる。18年に発表した中期経営計画では「品質こそ最重点のテーマ」(中村知美社長)と打ち出していたが、顧客からの信頼回復は道半ばだ。

電動パーキングブレーキのコネクターの樹脂材料の選定が不適切でコネクターが割れることがあり、パーキングブレーキが作動しないおそれがある。また後退灯のスイッチ内部で材料が腐食する場合があり、後退灯が点灯しなくなる可能性がある。

ビジネスセクション

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン