/

スリーエムジャパン、在宅勤務や出社を選択制に

米スリーエム(3M)の日本法人、スリーエムジャパン(東京・品川)は、社員が在宅勤務や出社などの働き方を選択できる制度を5月1日から導入する。工場で勤務する生産職を除く全社員が対象。新型コロナウイルス後も柔軟な働き方が定着すると考え、恒久的な制度として社員が勤務方法を選べるようにする。

社員は「出社」「在宅勤務」、出社と在宅勤務を組み合わせた「ハイブリッド」の3種類から選択する。「出社」は出社率の目安が80%以上、「ハイブリッド」は20~80%程度とする。在宅勤務は20%以下で、国内であれば遠隔地での居住も認める。上司との話し合いで選び、業務やライフスタイルに応じて変更できる。

同社ではこれまでも最大週2日の在宅勤務を認めていたが、販売職や生産職などは対象外だった。今回は販売職や研究開発職も対象とする。

同制度は米国本社で2021年9月から始まり、アジアでは韓国やシンガポールが既に導入している。日本では18年から最大週2日の在宅勤務を認めていたが、コロナ下では在宅勤務を基本としていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン