/

この記事は会員限定です

農地の温暖化ガス、ダニが抑制 土にココナツ殻混ぜる

Next Tech2050

[有料会員限定]

一酸化二窒素(N2O)は土壌から発生するため削減が難しいとされる温暖化ガスだ。N2Oの排出量をダニの活用によって半減できることを、東京大学の妹尾啓史教授らが発見した。2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにするという政府目標の達成に向け、小さな働き者が切り札になるかもしれない。

温暖化ガスと聞くと二酸化炭素(CO2)が真っ先に頭に浮かぶが、実際は様々な気体が温暖化に影響を与えている。環境省によると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン