/

この記事は会員限定です

投稿のAI監視 ヤフー「グレーゾーン」に苦慮

[有料会員限定]

不適切なユーザー投稿を人工知能(AI)で削除する動きがネット企業の間で広がっている。ヤフーはニュースサイトで他人への誹謗(ひぼう)中傷などが相次いだ場合、投稿欄を自動で非表示にする仕組みを導入した。米テック大手が取り組みで先行するが、違反か判別しづらい「グレー」投稿の摘発に苦慮している。表現の自由を優先してきたネット企業だが社会的責任とのバランスが新たな課題となっている。

SNS(交流サイト)やネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン