/

この記事は会員限定です

自動運転の事故、誰に責任? ルール途上で開発に影響も

[有料会員限定]

自動運転車を巡り、日本で事故の刑事責任に関するルール整備が遅れている。今後の実用化を見込む高度な自動運転では、ドライバーや運転プログラムの開発者、メーカーの誰が責任を負うのかの指針や法令が定まらない。専門家は「責任が不明確なままでは運転プログラムが設計しづらい。開発も滞る」と懸念する。

開発者にリスク?

「もし技術者に刑事責任が課されるようになれば、誰も開発しなくなるのではないか」。トヨタ自動車など大手企業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン