/

この記事は会員限定です

トラック運賃なお下げ圧力 国の新基準、コロナで空振り

[有料会員限定]

国土交通省がトラックの新しい標準的運賃表(タリフ)を示してから1年が経過した。深夜運賃のほか、積み込みの待ち時間に別料金を設けるなど事実上の値上げにつながる内容だが、実勢運賃との乖離(かいり)は埋まっていない。新型コロナウイルスの流行による荷動きの低迷で運賃が8年ぶりに下がるなど、引き上げへのハードルは高いままだ。

「標準的運賃で見積もりを荷主に提示すれば、受注はまず無理だ。他社に荷物を奪われてし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン