/

この記事は会員限定です

東証再編、マネー先回り 資本政策にらみ思惑で売買

企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

東京証券取引所が2022年4月に予定する市場再編をにらんだ投資家行動が本格化している。厳しい上場基準とガバナンス(企業統治)が求められることで企業が資本政策を活発化させ、株価も大きく変動する可能性があるためだ。買収されそうな銘柄を先回りして買う動きもある。

「東証の市場再編を機に買われそうな企業はどれか」。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の原口右京ストラテジストのもとに、最近このような問い合わせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン