/

この記事は会員限定です

凸版印刷、電子カルテ1000万件分析 創薬時間・費用圧縮

[有料会員限定]

凸版印刷は電子カルテなどの医療データを創薬に生かす分析システムを開発し、製薬会社などに販売する。日本医師会系の企業と協力し、2025年度までに製薬会社が1000万人分以上の電子カルテから投薬の効果や副作用などを分析できる環境を整える。電子カルテのビッグデータとしては国内最大規模となる見込みだ。医療データの活用は欧米が先行するが、凸版などの参入で国内でも活用が進む可能性がある。

凸版は分析システム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン