/

この記事は会員限定です

日立、ドイツで送電網の電圧安定装置を受注

[有料会員限定]

日立製作所の送配電網子会社の日立ABBパワーグリッドは独送電大手のアンプリオンから送電網の電圧を安定させる大容量装置を受注したと発表した。同装置は発電量が一定ではない太陽光発電や風力発電の普及に欠かせない。日立はドイツで大容量装置の実績を作り、市場開拓に弾みをつけたい考えだ。

受注したのは発電した電力の電圧を適正に保つ「静止型無効電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン