/

この記事は会員限定です

三菱電機、不正見逃した経営陣ら処分へ 報酬返納・減額

[有料会員限定]

三菱電機は一連の品質不正問題を受け、過去に品質点検を実施した当時の経営陣に対し、報酬の一部を返納・減額する処分を行う方針を固めた。同社では多くの工場で不正な行為が発覚している。2016~18年度に3回にわたって全社で品質点検を行ったにもかかわらず、不正を見逃したことについて、経営責任を明確にする必要があると判断した。

23日に発表する。杉山武史前社長や柵山正樹前会長に対し、退任慰労金の一部の返納...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン