/

この記事は会員限定です

外食二重苦、まん延防止で客足減 濃厚接触で人手不足も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が21日、首都圏や東海、九州など13都県に適用された。営業時間の短縮などを求められ、店舗の休業を選択する外食企業が相次いでいる。各地で「オミクロン型」の感染が広がるなか、一部では従業員が濃厚接触者となり、人手不足に陥るケースも発生している。

飲食店の予約・顧客管理サービスを手掛けるテーブルチェック(東京・中央)の全国約5500店の集計値(18日時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン