/

この記事は会員限定です

ヤマハ発「競合に苦戦」のEVモーター 勝負の軌道修正

ヤマハ発動機開発ストーリー(下)

[有料会員限定]
日経クロステック

ヤマハ発動機の卓越したエンジン技術者ではあるが、駆動用モーター開発については「素人集団」も同然だった原隆(現在、同社AM第2技術部の部長)ら開発チーム。地道な全国行脚で専門家から技術を学び、ついに最高出力35キロ~200キロワット(kW)の範囲で小型・軽量の駆動用モーターを開発受託できる体制を整えた。だが2020年2月、満を持して開発受託を始めた原らに厳しい現実が待ち受けていた。

開発受託、依頼者が「渋い顔」

それは、開発受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン