/

この記事は会員限定です

日立、鉄道保守点検1000億円弱で受注 スペインで30年

[有料会員限定]

日立製作所はスペインで高速鉄道の保守点検を受注した。受注額は7億3700万ユーロ(約980億円)。2022年後半から主要都市をつないで営業運転を始める高速鉄道、計160両(約20編成)の保守点検を担う。鉄道事業は車両受注の有無で収益が変動しやすい。保守点検でIT(情報技術)分野と相乗効果を出しながら収益を安定させる狙いがある。

鉄道システム子会社の日立レールがスペインの民営鉄道会社から受注した。契約期間は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン