/

この記事は会員限定です

「エンジンのヤマハ」EVモーター開発 素人集団の底力

ヤマハ発動機開発ストーリー(上)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
日経クロステック

「バイクのヤマハ」「エンジンのヤマハ」――。こう称されてきたヤマハ発動機が、世界的なカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)の機運拡大を追い風に変貌を遂げようとしている。2020年、電気自動車(EV)向け駆動用モーターの開発受託を開始。21年4月には、最高出力350キロワット(kW)の高性能モーターに手を広げると発表した。バイク、そしてエンジンとは別領域で勝負に挑む同社。開発の裏側に迫った。

米国で目の当たりにしたEVの衝撃

「ようや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン