/

この記事は会員限定です

気候変動、感染症200種の脅威増す ウイルス移動広がる

[有料会員限定]

気候変動によって感染症の脅威が増しつつある。気温の上昇や干ばつ、洪水などが増加し、ウイルスや菌を持つ生物の移動範囲が広がるなどして人と接触する機会が増えるためだ。感染症の約6割で気候変動が原因となり患者の増加や重症化につながったとの研究もある。温暖化の抑制とともに感染症の監視を強める国際的な取り組みが必要になる。

「北極圏の氷河が解けると『スピルオーバー(異種間の感染)』のリスクが高まる」。10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません