/

この記事は会員限定です

レオパレス、営業体制見直し 地域別に収益管理を徹底

[有料会員限定]

経営再建中のレオパレス21は営業体制を抜本的に見直す。全国を7つのエリアに分け、各地域の責任者に賃貸住宅の賃料設定などの権限を本部から移して収益管理を徹底する。全国一律だった法人契約のあり方も見直す。施工不良問題を機に低迷する入居率の改善を目指し、早期の債務超過解消を急ぐ。

同社は全国を北海道・東北や首都圏、関西、九州など計7地域に分け、5月から各地域に経営責任者を置いた。物件の家賃や仲介会社との取引条件、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン