/

この記事は会員限定です

インドのスタートアップ、絹の供給網をデジタル化

[有料会員限定]

インドの絹産業のスタートアップ、ReshaMandiが絹のサプライチェーン(供給網)のデジタル化を進めている。シリーズAの資金調達ラウンドの一部として株式と社債の発行により3000万ドル(約34億円)を調達したことを明らかにした。効率化した物流や融資、検査などの提供を通じ、絹産業の成長を支える。

Mayank Tiwari最高経営責任者(CEO)は「今回の資金調達により事業を最新の分野に拡大し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、東南アジア各国で投資ファンドやスタートアップ企業の動向を追うシンガポール新興メディア「ディールストリートアジア」と協力しています。同社のスタートアップ企業やテクノロジーに関する記事の日本語要約を日経電子版に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン