/

この記事は会員限定です

アステラス、糖尿病治療アプリ 21年度中に治験

[有料会員限定]

アステラス製薬は2021年度中に国内で糖尿病治療用アプリの臨床試験(治験)を始める。患者が血糖値などのデータを入力すると、アプリが食事や運動プログラムをアドバイスして病気を改善する仕組み。10年に米国で承認され、従来の治療薬と同等の効果が期待される。2~3年後の実用化を目指す。

治験をするのは米ウェルドックの糖尿病治療アプリ「ブルースター」。過去の治療データから人工知能(AI)が患者個人に合った生活改善を助言す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン