/

ZOZO系などアプリで試着 ゾゾスーツの採寸データ活用

ZOZO子会社のZOZONEXTとソフトバンク、繊維商社のMNインターファッション(東京・港)の3社は21日、バーチャル試着サービスの実証実験を始めたと発表した。「ゾゾスーツ」の計測で収集した体形データを活用し、専用アプリに身長と体重を入力するだけで試着ができる。電子商取引(EC)サイトでの購入率が向上するか検証する。

バーチャル試着ができるアプリ「ALTRM(オルターム)」を開発した。利用者が身長と体重を入力すると、その体形に近い3Dアバター(分身)を生成する。衣服も3Dデータ化されており、アバターに装着できる。店舗に行かなくても仮想空間で試着を体験できるようになる。

ZOZOグループはゾゾスーツの利用者が採寸した200万件以上の体形データを蓄積している。実証実験ではこうしたデータに基づき、身長と体重から実際の体形に近い寸法を算出する。

バーチャル試着に対応した商品はMNインターファッションが販売する。衣料品のECでは試着ができず、サイズが合わないという理由で返品が多い課題がある。3社は「バーチャル試着が可能になることで、返品の減少や購入率の向上が期待される」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン