/

ホンダ、タクシー大手と自動運転サービス検討 都内で

ホンダは21日、2020年代半ばから東京都内で自動運転のサービスを始めると発表した。国内のタクシー大手2社と連携し、ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)などと共同開発する自動運転車両「クルーズ・オリジン」の利用などを検討する。都市部での交通課題の解決などにつなげる。

ホンダの子会社で、モビリティーサービス事業を運営するホンダモビリティソリューションズ(HMS、東京・港)がこのほど、タクシー大手の帝都自動車交通(同・中央)や国際自動車(同・港)と自動運転サービスの開始に向けた基本合意を結んだ。今後、関連法令の整理や事業者間の役割分担などの検討を進める。具体的な事業内容は未定とし、自動運転の実証実験などを通じて固める。

タクシー各社は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた利用減に加え、乗務員の減少や高齢化など人材確保に課題を抱える。自動運転での連携を通じ、営業の効率やサービスの利便性の向上などを模索する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン