/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、15分で運転診断 事故予測の新手法

[有料会員限定]

ドライブレコーダーで得た同じ自動車の走行データでも、活用の仕方を見直して機械学習による数理モデルを開発。するとそれまで10時間以上はかかっていた運転診断などの結果が、15~30分程度の運転で導き出せるようになった――。こんな成果を得たのが、損害保険ジャパンだ。

同社は理化学研究所革新知能統合研究センター(理研AIP)と連携し、ドライブレコーダーで取得した走行データを基に、「このドライバーの運転は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン