/

この記事は会員限定です

株主への還元、高い企業は? 上位に鉄道・医薬

予想配当性向ランキング

[有料会員限定]

コロナ禍からの経済活動の正常化に伴い、株主還元に積極的な企業が再び増えている。純利益のうちどれだけ配当に回すかを示す配当性向について、日経500種平均株価の構成銘柄を対象に2022年3月期の会社予想をベースに算出したところ、上位には鉄道や医薬関連の企業が目立った。安定配当を掲げる企業はコロナ禍からの回復途上で利益水準が低くても配当額を維持するため、結果的に配当性向が高くなる面もある。(村上徒紀郎)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン