/

この記事は会員限定です

緊急事態解くと在宅率2~3割減 宣言の効果も弱まる

テレワーク成功の勘所(31)

[有料会員限定]
日経BP総研

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されるとテレワークの実施率が2~3割下がる――。最新の独自調査でこんな結果がみえてきた。繰り返し発出される宣言の効果が弱まり、派遣社員や契約社員は実施率が一般社員の半分程度に低迷する事実も明らかになった。データを基に日本のテレワークの弱点を探る。

調査は日経BP総合研究所イノベーションICTラボが2020年4月から定期的に実施しており、最新調査は21年4月に実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン