/

スタートアップの育成環境、東京が世界9位に浮上

think!多様な観点からニュースを考える
スタートアップが育ちやすい都市の世界ランキングで東京が初めて10位以内に入った

米調査会社が公表しているスタートアップ企業が育ちやすい都市の世界ランキングで東京が9位に浮上した。前年の15位から大幅に順位を上げ、日本の都市が上位10位以内に入ったのは初めて。資金調達のしやすさや人材の豊富さなどで高得点を獲得した。ただ都市が持つデータの活用が遅れるなど、さらに上位を狙うには課題も多い。

米調査会社のスタートアップ・ゲノムが22日、2021年の「グローバル・スタートアップ・エコシステム・リポート」を発表した。世界の主要都市の起業環境について、成功しているスタートアップの数や資金調達など6項目を採点して総合順位を算出した。同ランキングは世界のベンチャーキャピタル(VC)や大企業がどの地域のスタートアップに投資するかを考える材料となっている。

21年は1位のシリコンバレーを筆頭に上位10位のうち、米国の都市が5つを占めた。アジアでは4位の北京、8位の上海に続いて、東京が9位にランクインした。評価が高かったのは「資金調達」で10点満点中9点を獲得した。新型コロナウイルス禍が市場を揺さぶった20年においてもスタートアップの資金調達が堅調だったことが評価されたようだ。

電子商取引(EC)開設支援のヘイ(東京・渋谷)は米投資ファンドのベインキャピタルから70億円の出資を受けた。また建設業の施工管理アプリのアンドパッド(東京・千代田)が米VCのセコイア・キャピタルなどから60億円を集めるなど、海外の有力投資家が日本のスタートアップへの関心を高めている。

技術者や理系人材の豊富さなどを表す「人材」は9点、ユニコーン(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)の数や国内市場の大きさを示す「マーケットリーチ」は8点とそれぞれ前年の7点、3点から大幅に改善した。

一方で、地域内のネットワークの充実度などを示す「コネクテッドネス」は前年と同じ1点にとどまった。調査に協力したデロイトトーマツベンチャーサポート(DTVS)によると、「都市が持つ医療などのデータを新興企業が使えるようになっていないことが背景にある」という。

東京都は今年3月に策定した「未来の東京」戦略で、30年にスタートアップ・エコシステムのランキングで5位以内とする目標を掲げている。DTVSの斎藤祐馬社長は「韓国やインドは大統領が率先してスタートアップ支援に乗り出している。日本も政府による資金支援や規制緩和を一段と進めてほしい」と話している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン