/

この記事は会員限定です

ブルーエイジが12億円調達 不動産仲介業務を効率化

[有料会員限定]

賃貸物件検索アプリを手掛けるBluAge(ブルーエイジ、東京・千代田)は10月、不動産仲介会社の業務を効率化するクラウドサービスを始める。電子メールや対話アプリなど複数の経路で寄せられる物件の問い合わせや内見の予約をクラウドで管理し、一括で対応できるようにする。

利用者の検索状況を基にエリアごとに人気のある物件タイプを分析できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン