/

この記事は会員限定です

新興が再エネ発電の「ハブ」に 4月新制度、参入を促進

[有料会員限定]

スタートアップが再生可能エネルギーの発電事業を手助けするサービスを相次いで始める。新電力のUPDATER(東京・世田谷)は発電計画の作成を代行したうえで電力を束ねて需要家に販売する。再生エネ市場を支えてきた固定価格買い取り制度(FIT)は縮小し、市場価格との連動性を重視した新制度「FIP」が4月に始まる。新興勢は取引の中心となる「ハブ機能」を担い、ノウハウが不足する事業者の参入を促す。

UPDA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン