/

この記事は会員限定です

東大と東芝、1円玉大の基板でモーター駆動 IoT向け

[有料会員限定]

東京大学と東芝は、1円玉大に小型化した電子基板で外部のモーターを駆動できる装置を開発した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」向けで、複数の部材を組み合わせれば容易にシステムを試作できるようにしたのが特徴だ。低コストでIoT機器の開発を目指す企業や研究機関に採用を促す。

東大と東芝は、大きさ2センチメートル四方程度の装置を組み合わせていくことでIoT機器を作製可能なキットの開発を進めている。電池や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン