/

この記事は会員限定です

JR東日本、動力費や保守費減「23年3月期に黒字目指す」

[有料会員限定]

JR東日本の深沢祐二社長は日本経済新聞の取材に応じ、2023年3月期に連結最終黒字をめざす方針を明らかにした。新型コロナウイルスの影響で22年3月期は1600億円の最終赤字(前期は5779億円の赤字)を見込む。22年春の大規模なダイヤ改正で減便や車両の削減などで動力費や保守費などの削減を急ぐ。

同社は10月末に22年3月期の最終損益予想について従来の360億円の黒字から一転、赤字に下方修正した。緊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン