/

この記事は会員限定です

博報堂、アバターがお客様 試着室がメタバースの入り口

[有料会員限定]

自分をモデルにしたアバター(分身)の活用が広がる。博報堂は2022年にもアバターを使った衣料品の試着サービスを始める。アバターは市場拡大が見込まれる「メタバース(仮想空間)」での消費行動の入り口となる。IT(情報技術)大手などが作成アプリを展開するなど囲い込み競争が始まっている。データ活用のルールなどを巡り課題も浮上している。

休日の百貨店。試着室にできた行列を横目にスマートフォンを手に取る。画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン