/

家事をしながらビデオ会議 エンボディーミーが新機能

人工知能(AI)開発のEmbodyMe(エンボディーミー、東京・新宿)はAIを活用し、会話の際に発した音声を表情や口元に反映する技術を開発した。「Zoom」などのビデオ会議に利用すると、家事などをして横を向いても、合成画像で画面の正面を見て会話をしているように自分の姿を映し出す。ビデオ会議の負担を軽減できる。

同社のビデオ会議用パソコンアプリに新機能を付けた。音声をもとにリアルタイムで映像を生成し、表情を動かす。例えば在宅勤務中に家事などをしながら会議に参加しても、音声を発するだけで画面上ではその場にいるように会話ができる。

画面上のボタンをクリックするだけで喜怒哀楽などを表現する機能も追加した。対話アプリ「LINE」のスタンプのように手軽に利用でき、デフォルメされた感情表現を画面上の自分の映像などに反映できる。

EmbodyMeはビデオ会議などの画面に映る自分の外見をAIで置き換えるパソコン向けのアプリ「xpression camera(エクスプレッションカメラ)」を展開する。これまでにもあらかじめスーツ姿の写真などを用意しておくと、髪がボサボサで寝間着姿のまま会議に参加しても、画面上は身なりの整った外見に「変身」することが可能になる機能があった。

ビデオ会議は新型コロナウイルス禍で利用が広がったが、負担や疲労感を感じる人も多い。常に顔や視線をカメラに向けたり、他人から見られているように感じたりすることが原因とされる。新たな機能はこうした負担の軽減に役立つとみており、まずは社内でのビデオ会議などでの利用を見込む。(AI量子エディター 生川暁)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン