/

この記事は会員限定です

ヤマハ山畑取締役「物価高、低価格楽器の買い控えも」

収益展望

[有料会員限定]

ヤマハの2023年3月期の連結純利益(国際会計基準)は前期比1%増の375億円になる見通しだ。売上高は13%伸びる予想だが、海上運賃の高騰や原材料高、中国で続く行動制限の影響で利益環境は厳しい。物価高で一部の楽器では買い控えもみられる。山畑聡取締役常務執行役に収益見通しなどを聞いた。

――22年4~6月期の連結純利益は前年同期比36%減の85億円でした。

「中国事業で新型コロナウイルス禍の影響を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません