/

この記事は会員限定です

AIやカメラで挑む売れる棚作り ヤクルトやライオン

メーカー各社、売り場提案力磨く

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

メーカーにとって消費者に商品を届ける最後の接点となる小売店舗の商品棚。飲料や日用品などのメーカーで、どの棚のどの位置にどの商品を置くかを決める棚割りの方法に改革を起こす動きが広がってきた。人工知能(AI)やカメラの技術を活用して効果を数値化。競合との棚取り合戦が激しくなる中、データで小売店への提案力を磨く。

ヤクルト、陳列見直しで売り上げ増加

「ヤクルトの商品を集めてコーナー化すると、乳酸菌飲料全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン