/

この記事は会員限定です

商船三井、非海運・LNG船で経常益の5割 27年度目標

[有料会員限定]

商船三井は2028年3月期に不動産や陸運などの非海運、液化天然ガス(LNG)船事業で全体の経常利益に占める割合を5割に高める。前期に利益の9割超を占めたコンテナ船・ドライバルク(ばら積み船)への依存は業績が不安定になりやすいためで、不動産事業強化ではM&A(合併・買収)も活用する。日本郵船は航空貨物などを強化する方針で、海運業界でポストコロナをにらんだ構造改革の動きが加速してきた。

商船

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません