/

この記事は会員限定です

コメ、22年産も卸値下落 多収穫米で消費喚起狙う

木徳神糧の竹内伸夫社長

[有料会員限定]

――新型コロナウイルスの感染拡大は一服したようです。外食向けの市場が縮小したコメの消費は回復していますか。

「4月の外食向けの販売量は前年同月比で6%程度増えた。牛丼チェーンやカレーチェーン向けなどがやや持ち直した。ただコロナ前の2019年4月比では約25%減だ。外食向け消費の先行きは不透明だ」

「家庭向けは巣ごもり需要が底堅い。天候不順やロシアのウクライナ侵攻で小麦価格が上昇し、パンやうどんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン