/

この記事は会員限定です

五輪スポンサー影潜める イベントやCM取りやめ

企業イメージ低下懸念、選手応援に軸

(更新) [有料会員限定]

無観客で開幕した東京五輪で、スポンサー企業が影を潜めている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大規模な集客イベントは軒並み中止に。開会の是非を巡る世論が今なお割れるなか、トヨタ自動車の豊田章男社長をはじめ多くのトップが開会式を欠席した。企業アピールの好機という目算が外れるなか、スポーツ支援とPR活動との両立に苦慮している。

開会式に出席を表明する国内スポンサーの経営者は、大会組織委員会の名誉会長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン