/

この記事は会員限定です

ソニーG、今期もエンタメが支え 「鬼滅」の型定着カギ

増田咲紀

[有料会員限定]

ソニーグループが28日に発表する2021年3月期連結決算は安定した収益力を確認する内容になりそうだ。エレクトロニクス中心の事業構造からの転換が進み、ゲームや音楽などエンターテイメント事業がけん引する。稼ぐ力を維持するにはエンタメの収益力の持続性がカギだ。

ソニーは21年3月期の連結純利益(米国会計基準)は前の期比9割増の1兆850億円と過去最高を見込む。旺盛な需要がある新製品プレイステーション(PS)5の供給不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン