/

料理宅配「DiDiフード」、日本撤退 タクシー配車は継続

配車アプリの滴滴出行(ディディ)傘下のDiDiフードジャパン(東京・中央)は20日、日本での料理宅配サービスを5月25日に終了すると発表した。滴滴は日本でのタクシー配車事業は続ける。料理宅配を巡っては独デリバリーヒーローの「フードパンダ」も1月に日本から撤退した。利用者や配達員の獲得競争が激化し、事業者の淘汰が進んでいる。

DiDiフードは2020年に日本で料理宅配サービスを始めた。ウーバーイーツジャパン(東京・港)や出前館などとの競争が激しく、利用者などを増やせなかったと見られる。今後は「タクシー配車サービスに集中していく」(滴滴)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン