/

この記事は会員限定です

暮らしにアート、背伸びせず 見る・描く・持つ手軽に

[有料会員限定]

見に行くときはかしこまって、持つとなれば富裕層の証しと思われがちな絵画や彫刻などのアート。だが20~30歳代のミレニアル世代は手軽に「見る」「描く」「持つ」を楽しむ。カフェで休む傍らで絵画を見たり、自由な筆遣いで名作を模写したりと、形にとらわれない関わり方が広がっている。

東京湾につながる運河のほとり。美術品保管に強い寺田倉庫(東京・品川)が2020年秋に開業した「WHAT CAFE(ワットカフェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン