/

フェムテック新興など、吸水量を測れるショーツ開発

フェムテック新興のBe-A Japan(ベアジャパン、東京・渋谷)と医療用機器などを開発するミツフジ(京都府精華町)は、吸水量を測定できるショーツの試作品を開発した。フェムテックは女性の悩みをテクノロジーで解決する製品などを指す。実用化後は生理の際にはいてもらい、経血量を自動で測定し専用のスマートフォンアプリで確認できるようにする。健康管理や、婦人科の病気の研究にいかせる可能性もある。

従来、経血量は目分量で多いか少ないかを判断していることが多い。開発したショーツではミツフジの導電性に優れた繊維を織り込み、電気抵抗値の変化から吸水量を測定する。ショーツに取り付ける小型の発信器からスマートフォンにデータが転送される仕組みだ。量の変化などを可視化することで医療機関の受診を促し、子宮筋腫や貧血などの早期発見などにも役立てたいとしている。

ベアジャパンの高橋くみ代表は「今までタブー視されていた生理に向き合った商品。今後、大学病院とも研究を進める」と意気込む。2022年度から実証実験を進め、使用感などを確かめる。

医薬品医療機器法(薬機法)の対象にあたらない吸水ショーツは、従来は雑品扱いで「生理向け」や「経血の吸収が可能」と表現できなかったが、医薬部外品と認められれば表現が可能になった。ベアジャパンは医薬部外品としての実用化を目指す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません